HOME » Article Center » PowerEgg XがiFデザインアワード2021を受賞

PowerEgg XがiFデザインアワード2021を受賞

臻迪日本(シンテキニホン)株式会社のPowerEgg XがiFデザインアワード を受賞しました。

 

 

「iFデザインアワード」は、ドイツ・ハノーファーを拠点とするデザイン振興のための国際的な組織「iF International Forum Design GmbH」が主催しているデザイン賞で、1953年以降、68年にわたって全世界の工業製品などを対象に優れたデザインを毎年選出しています。受賞歴のあるすべてのデザインは、if WORLD DESIGN GUIDEおよびif Design APPで公開されています。

 

詳細はこちら

 

iFデザインアワード公式サイト

 

https://ifworlddesignguide.com/awards/participate/if-design-award-2021

 

受賞製品PowerEgg Xについて

 

本製品には、ドローンモードおよび自律式パーソナルAIカメラモードとハンディジンバル撮影モードが搭載されています。人工知能のディープランニングを通して、顔認識の精度を継続的に向上させ、撮影中ずっと効果的にターゲットをロックします。更にオートフレーミングにより、日常的な撮影や自撮り時の煩わしい構図調整の手間を軽減し、撮影体験を向上させます。

 

ドローンモードにすればPowerEgg Xは高性能なドローンとなります。大雨の中でも飛行可能なドローンであり、色んな環境で撮影したいというニーズを叶えます。

 

関連リンク:

公式製品ページ:https://www.powervision.me/jp/product/powereggx

 

 

PowerVisionについて

 

PowerVisionは、2009年の設立以来、最先端の研究、開発、設計のフロンティアを推進し続けてきました。2021年現在、PowerVisionは水中、水面、および水中のロボティックデバイスを製造している世界で唯一の企業であり、水中AIロボティックデバイスの量産を実現している唯一のロボティクス企業です。

 

PowerVisionは、人工知能および小型化産業を再定義する製品を引き続き製造しています。インテリジェントセンサーテクノロジー、ビジュアルSLAMテクノロジー、ナビゲーションテクノロジー、高精度マッピングテクノロジー、経路計画テクノロジー、自律飛行制御テクノロジーをすべて1つのプロセッサプラットフォームに統合します。 PowerVisionは、統合された顔検出、ジェスチャ認識、歩行者認識、およびその他のAIアルゴリズムの開発を通じて、よりインテリジェントな製品を創出します。

 

詳しい情報は、こちらをご覧ください。

 

https://www.powervision.me/jp/